TOYO SEIKAN GROUP

TOKYO PACK 2021

02 資源循環社会

容器は使い捨て。 そんな常識を変える。 新たなリユース容器の利用シーン提案 ステンレスリユース容器

東洋製罐グループは、総合容器メーカーとして様々な社会ニーズに対応するため、ステンレスを活用した新たなリユース容器にも取り組んでおります

当社はロッテ様に対してLoop向けのステンレス容器を供給します。Loopは日用品や食品の容器を回収しリユースする循環型のショッピングプラットフォームです。2019年にニューヨークとパリで開始、2020年7月にロンドンでも始まりました。東京では2021年3月サービス開始予定で、20社以上の企業が参加表明しています。今後、当社は様々なお客様のリユース容器のニーズにお応えします。


さらなる展開。個品管理が可能な
リユース容器とシステム

リユースモデルにおいては、容器がお客様(メーカー)の資産になります。
QRコード、RFIDなどにより個体識別できるようにし、リユース洗浄回数、容器の位置情報等のデータも収集できるようにするといった資産管理ができるリユース容器とシステムを現在開発中です。




〈製品仕様〉

18-8ステンレス仕様

ステンレスリユース容器のお問い合わせはこちら

お問い合わせ