TOYO SEIKAN GROUP

TOKYO PACK 2021

01 低炭素社会

見た目は同じ。でも、やさしく進化している。 優環境素材の使用促進 生分解性樹脂用顔料

生分解性プラスチック製品用着色剤としてJBPA(日本バイオプラスチック協会)特定元素を不純物レベルで含有制限した優環境型顔料

従来の複合酸化物顔料の必須元素であり、グリーンプラ承認のためのJBPA特定元素であるクロム、アンチモン、ニッケル、銅、亜鉛、およびモリブデンを主成分として含まず、従来の性能を維持した顔料であり、従来と同程度の顔料濃度での使用が可能です。高純度の原材料を選定することにより、不純物レベルで特定元素の含有量を制限しています。顔料成分にJBPA特定元素を殆ど含まないので、プラスチック製品が分解した際にも特定元素の露出が極少量になるため、日本のみならず世界各国でも生分解性プラスチック製品用着色剤として使用可能な顔料です。

用途:生分解性樹脂のみならず、汎用、エンジニアプラスチックスなど各種樹脂の着色剤



〈製品仕様〉

外観:
粉体
色:
黄、バフ、緑、青、ライトブルー、ピンク、茶、黒の8色
出荷形態:
ポリエチレン内袋入りクラフト3層紙
入目:
20kg/袋

生分解性樹脂用顔料のお問い合わせはこちら

お問い合わせ