TOYO SEIKAN GROUP

TOKYO PACK 2021

01 低炭素社会

プラスチックは、替えられる。減らせる。 新たな素材への切替・容器のリデュース 折り紙容器

ストロー機能付き紙パック

ストローのゴミは減らしながら、飲み方はスマートに。相反する条件を、たった1枚の紙で解決する紙パックのコンセプトデザインです。



過去「ミウラ折り」を応用して開発した東洋製罐グループの「ダイヤカット缶」と同様に、伝統的な「折り紙」から着想。ダイヤ型の折り目により飲み口と胴体のくびれをつくることで、飲みやすさや持ちやすさなどユーザビリティに加え、素材変更による脱プラ、畳みやすい構造による減容化など、環境負荷低減を想定しています。
地球環境への配慮と利用者の利便性を併せ持つ独自のコンセプトが評価され、世界的な権威である国際デザインコンペティション「iFデザインアワード2020」のプロフェッショナルコンセプトデザイン部門においてiFデザイン賞を受賞しました。



折り紙容器のお問い合わせはこちら

お問い合わせ