TOYO SEIKAN GROUP

TOKYO PACK 2021

01 低炭素社会

見た目は同じ。でも、やさしく進化している。 優環境素材の使用促進 植物由来樹脂の使用 [開発中]

CO2削減に寄与する
新たな飲料PETボトル用キャップ

2020年4月に環境負荷低減の一環として、飲料PETボトル用キャップにバイオマス材を30%配合したキャップを製品ラインアップいたしました。ベースとなるキャップは28mm口径1810規格のボトル口に適合するアセプティック及び炭酸仕様キャップです。
今後はバイオマス度をより高めると共に、他用途のキャップへも展開していく予定です。


開発目標
  • 飲料PETボトル用キャップ(主力製品)
    2022年度:バイオ50%仕様 
    2023年度:バイオ100%仕様 ※
  • パウチ用スパウト&キャップ(主力製品)
    2022年度:バイオ100%仕様 ※

※バイオ100%仕様は、製造ライン切替時の微量の石油由来成分及び着色剤成分を除く

植物由来樹脂のお問い合わせはこちら

お問い合わせ