TOYO SEIKAN GROUP

TOKYO PACK 2021

次は, 地球をつつむ。

TOKYO PACK 2021 2021.2.24-2021.2.26

PLAY MOVIE

scroll

次は,地球をつつむ。 TOKYO PACK 2021 2021.2.24 – 2021.2.26

包む技術は、
人類の問いに答えてきた。
食料を長期保存するには。
増える消費に対応するには。

次は、地球の問いだ。
気候変動を食い止めるには。
海の命の豊かさを守るには。

環境負荷を減らすだけでは足りない。
人のためにとどまらず、地球のための包装へ。
新しい道を進む時は、今。

その道は、私たちだけでは開拓できない。
同じ志を持つパートナーとともに、
包むから始まるイノベーションを。

大きな使命は変わらない。
包む。大切なものの品質を守り、
未来へ届ける。

包むのは、地球だ。

人類のためだけでなく、
今、地球のための包装へ。

  • 人口の爆発的増加 食糧難を解決する

    1919

    日本初・自動製缶

    手作業で行われていた缶の製造を機械化。
    食糧が、たくさんの人の手に届くようになった。

  • 戦後 復興への歩み始め

    1949

    日本初・アイスクリーム用
    紙コップ

    日本初の紙コップは東洋製罐グループが製造。
    美味しいアイスが、多くの人のもとへ。

    1952

    日本初・スプレー式殺虫剤

    すぐに駆除できる利便性だけでなく、
    液剤が手につかないので、衛生面でも活躍。

  • 高度経済成長 美味しいものを安全に

    1969

    世界初・レトルトパウチ

    冷蔵も冷凍もせずに、流通・保存できるパウチは当時の大発明。新幹線やLEDと並び「戦後日本のイノベーション100選」に選出されています。

  • 成熟期・現代 より便利に、より豊かに

    1991

    日本初・環境負荷を削減した
    TULC缶

    業界最軽量、そして加工時に水を使わないことで、
    環境負荷を大幅に削減したエコ缶。

    2012

    日本初・ストラップバンド
    キャップ

    落ちないペットボトルキャップで、
    飲む時に両手がふさがらない工夫。

    2014

    日本初・酸素を吸収する
    フィルムOXYDEC

    容器そのものが酸素を吸収してくれるから、
    脱酸素剤いらず。誤食、誤飲のリスクをなくします。

東洋製罐グループは1917年の創立以来、
社会の課題を解決してきました。
100年間、培ってきた技術で、
次は、地球の課題に挑んでいきます。

東洋製罐グループが実現する
3つの社会と取り組み

商品や取り組みについてさらに詳しく知りたい方は
担当者からご連絡させていただきますので
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ